読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京ゾンビ

東京に徘徊する生きる屍

舛添都知事の言い訳一覧

政治団体からの支出を家族旅行などに当てていたと週刊文春が報じ

 舛添都知事は5月13日の定例会見で経緯を説明。

 

過去に社保庁職員による年金の横領が発覚した時

自身でこのようにコメントしている。

f:id:marugotolettuce:20160513232423j:plain

 

さて舛添氏本人の会見(言い訳)はというと…

● ホテルの宿泊費、イタリア料理店の飲食費、回転寿司店の飲食費、天ぷら屋の飲食費、総額45万円。これに対しては

「私的な支出が誤って計上されていたことは心からおわび申し上げる。」

財布やカードを公私で分ければ済む話でこの程度の言い訳は皆聞き飽きている。

 

● グローバルネットワーク研究会(資金管理団体)とのホテルの会議費用

平成25年1月3日、23万7755円

平成26年1月2日、13万3345円

現在は解散しているこの団体については

「政治的に機微に関わるし、相手方のプライバシーもあることだからお答えを差し控えさせていただきたい。人数も控えたい。」

説明責任を果たさず…その説明も散々聞き飽きた。

 

● 2013年の収支報告書によるとホームセンターで買い物をしておりネジ・釘・ガーデニング用品・猫の餌を買ったという話があり収支報告書には記載されていないが、

ホームセンター店員によるとそのようなものばかり買っていたと証言。それに対し

「その店員さんが24時間、そのお店で私の後をついて歩かれたのでしょうか?そこまで言うと店員さんがかわいそうじゃないですか。」

かわいそうなのは店員じゃなくて『あなた』ではないのか。

 

この件には元妻の片りんも苦言。

「公私混同」の極みとまで言われる始末。

f:id:marugotolettuce:20160513232429j:plain

f:id:marugotolettuce:20160513232432j:plain

f:id:marugotolettuce:20160513232436j:plain

 

参照

www.asahi.com